トップ > MENS > アクセサリー > Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド
JAY TSUJIMURA > Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド

Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド
Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド
拡大画像

Laurel Cuff Links カフリンクス パイソン 『JAY TSUJIMURA TOKYO』 カフスボタン シルバー オーダーメイド

ワイルドなパイソンスネークと、エレガントなフローラルを融合させたデザイン性の高い逸品。さらに「栄光と永遠の愛」の象徴である月桂樹の冠を、立体細工で表現しました。パイソン革は一枚ずつ手でカットして丁寧に貼り合わせて仕上げるという、JAY TSUJIMURAらしいこだわりが光るアイテムです。
表:約縦14.5×横14.5×厚み4.4mm
裏:約縦10.5×横10.5×厚み3.5mm
全長:23mm
*こちらの商品は受注生産のため、お届けまでに約3週間かかります。
商品コード : 13606900412-0-160
価格 : 47,520円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
JAY TSUJIMURA

JEWELRY ITEM
JAY
TSUJIMURA

PROFILE
1988年、イギリスにてジュエリー製作を開始。
その後ニューヨークのイーストヴィレッジに拠点を移し、J NEW YORK を設立する。
独創的なスタイルとクオリティーが認められ、
レニー・クラヴィッツ、ダスティン・ホフマン、ジュニア・ヴァスケス等
数多くのセレブから支持を得る。
更にアーティストとのコラボレーションや展覧会を精力的に行い、
イタリアン・ヴォーグ、W、ニューヨーカー等でも紹介される。
2004 年、日本に帰国。
ブランド名をJAY TSUJIMURA TOKYO として東京を拠点に活動を始める。
また近年、身に着けるジュエリーだけに留まらず、カメラやギターに装着するジュエリーを展開。
独創的な発想と創作で世界各国のニッチなクライアントから好評を得る。
現在もまた、変わり行く時代に向け新たな価値観のジュエリーを創作中

JAY TSUJIMURA

自分の可能性に挑み続ける、チャレンジャーのラッキーチャーム
中田英寿やレニークラヴィッツも愛用する『JAY TSUJIMURA』のジュエリー

JAY TSUJIMURA

子どものような遊び心と、スタイリッシュな大人に相応しい品格。
その二つを兼ね備えているのが、『JAY TSUJIMURA』のジュエリーだ。2007年東京に工房兼ショップをオープンして以来、中田英寿、HIRO(EXILE)、長渕剛、藤井フミヤ、西城秀樹などのセレブに愛用され、人気雑誌への掲載も数多い実力派ブランドだ。

そんな魅力的なアイテムを発信し続けるのは、23年間ジュエリーに対して真摯に向き合い、常にクオリティを追い求めてきたJAY TSUJIMURA氏。
1988年にバックパッカーとして訪れたロンドンに定住し、80年代後期のロンドンを沸かせたアバンギャルドなアーティストに衝撃を受け、独学でジュエリーの創作を始める。この前衛的スタイルと、ロンドン特有の歴史的スタイルや伝統技術をクロスオーバーさせることで、これまでにはない独自のジュエリーを完成させた。

1991年には再びバックパッカーとして渡米。NYのモダンアートと音楽から影響を受けながら、さらに作品のクオリティをブラッシュアップ。その独創的なスタイルが認められ、レニー・クラヴィッツやダスティン・ホフマンなど数多くのセレブから支持を獲得。人気アーティストとのコラボレーションや展覧会も精力的に行い、イタリアン・ヴォーグやニューヨーカー等、メディアからも注目を集めた。

「自分が創っている物に対して、誇りと責任を持つという意味で、ブランドに自身の名を冠している。」と語るJAY TSUJIMURA氏。
『JAY TSUJIMURA』の作品はデザインから仕上げまで、すべての工程にJAY TSUJIMURA氏本人が手を入れ完成させる。すべての素材に触れ、自分の肌でフォルムを感じならが仕上げるという彼の徹底したこだわりは、紛れもなくそのジュエリーの完成度に反映されている。

丁寧な手作業で仕上げられた精巧なジュエリーの魅力を、ぜひ手にとって味わってみてはいかがだろう。